かざぐるま

埼玉県在住の20代サラリーマンです。基本おしゃべりな性格のまま、おしゃべりみたいなブログを書いています。

サッカーW杯ロシア大会、フランスが優勝!

 

サッカーW杯ロシア大会、無事終了しました!優勝はフランス!20年ぶり2度目の優勝です!

おめでとうございます。

 

フランスと聞くとサッカー強豪なイメージがあります。2回目の優勝と聞いて、正直びっくりしました。

 

もっとたくさん優勝していると思いました。

ヨーロッパはサッカー強豪国が多いので、その分競争も激しく繰り広げられるのでしょう。

 

サッカーW杯では、前回優勝国が結果が振るわないことが多いです。

フランスにはそのようなことが起きないよう期待しています。

 

個人的には日本を倒したベルギーに優勝してほしかったですが、叶いませんでした。

しかし、3位決定戦でイングランドを破り、3位を勝ち取りました。

おめでとうございます。

 

サッカーにわかガチ勢なので知人からの知識詰め込みでより楽しく観戦できます。

 

ベルギーはパスサッカーだそうで、だから見ていて楽しいのかな、と思います。

 

W杯みてかんじることは、サッカー見るの楽しいなってことです。

 

サッカーに限ったことではありませんが、スポーツには人を惹きつける力、周りを巻き込むちから、コミュニティがひとつになる力があります。

 

そのことを実感することのできる、いい機会であったと思います。

 

次のW杯は4年後。

4年後の自分がどうなっていて、何をしているのか、想像もつきません。

 

今の会社にいるのか、そもそも会社に属しているのか、どこに住んでいるのか、わからないことだらけです。

ただ、4年後の自分が胸を張った選択をしている、後悔をしていない、それだけはわかります。というより実現させます。

 

サッカーW杯の4年に1回というのは、日々を振り返るのに丁度いい指標になります。

あの時はどんな環境で見ていて、何を考えていたか、思い出すことができます。

 

イベントの持っている力です。

 

4年って先を考えると長く感じますが、過去を振り返るとあっという間に感じます。

時間って不思議な概念だなと、つくづくかんじます。

 

 

W杯は終わってしまいましたが、本当に楽しい期間でした。

また次のW杯も楽しみです。ワクワクします。

 

1回くらい生でW杯の試合見てみたいですね、ちょっと考えてみます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ジェンダーのダイバーシティ

 

近頃ジェンダーレスという言葉をよく聞きます。

これまでの社会では、男性か女性という、2つのカテゴリーしか決められておらず、そのどちらかに属していました。

 

ですが、今はダイバーシティの時代です。性的嗜好が男性でもファンションは女性、のように、一つの性別に縛られない、生き方、考え方が脚光を浴びています。

 

生物学的なオスとメスだけでは括れない、様々な性がこの世には存在しています。

これは、意識し難く、概念化が難しくはありますが、考え方のひとつとして捉えていただけると幸いです。

 

人には個人個人に価値観があります。

それは各々で異なるものです。

その異なる個性をいかに受け入れ、いかに許容するかが、コミュニティの中の年長者に求められることだと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

暑い暑い、熱中症に注意。むやみな外出は控えましょう。なら休ませてください。

 

本格的な夏が到来しました。めちゃくちゃ暑いです。

猛暑も猛暑。暑すぎて外に出たくなくなります。引きこもり最高です。

クーらがないと生活できません。本当に。

 

暑いとなにもかもやりたくなくなってしまいます。結構困ったものです。現代社会にはクーラーという画期的な発明があるので、なんとか乗り切れています。

 

ここまで暑くなりますと、熱中症が心配です。毎日たくさんの方が熱中症になったと連日ニュースで報道されています。

 

むやみな外出は控えましょう。とよく言われます。でもこれって結構難しいことっではありませんか?

だって、私からしたら、めちゃくちゃ暑い日に外に出る予定は基本むやみな外出です。よっぽど自分のモチベーションがあがるイベントでないと行動に移しません。

 

それなのに、会社にはいかなければなりません。あれってかんじじゃないですか。誰がどう考えてもむやみや外出じゃないですか。はい。

 

暑い中スーツを着て、満員電車に乗り、炎天下の下歩いて、汗だくだくになる。完全にむやみな外出じゃないですか。

 

しかも会社のクーラーはついているんだかいないんだかわからない様な気温の設定。逆に電気代もったいないだろ、って思ってしまいます。

 

暑い中だと確実に仕事のパフォーマンスは下がります。

だったら、快適な気温に設定して快適に仕事した方が、費用対効果高いのではないでしょうか。

 

とはいえ、そこまでうまくいかないのはもうわかっています。

やはり会社に入ってみて学べる事、知る事は多いです。主に反面教師になっていますが。

経験して知る、なにごとも基本なのではないかと思う毎日です。

 

夏自体はイベント目白押しでむしろ好きなので、熱いこともポジティブにとらえ、無理せず我慢せず、楽しみたいです。

野菜もおいしいし、麺類もおいしいし、アイスもおいしいし、ビールもおいしいし、

 

あ、でも夏の服はあんまり好きではありません。冬の服、秋あたりが好きです。

日本の四季はどの季節も色があって好きです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

社会人の飲み会頭悪すぎ?これは無駄認定されますわ

 

先日配属された部署での歓迎会みたいなものを開いていただきました。

 

控えめに言ってドン引きしました。笑

会自体は、運営の方中心に、楽しい会でしたし、たくさんの面白い方と面白い話もできました。

 

ただ、飲み方がちょつと受け入れ難いものでした(笑)

 

みんながみんなというわけではないのですが、一部がお酒を頭悪くしか飲めないみたいで、コール振るしか能がなかったです。

 

アルハラとは、ってかんじです。

私は割と飲めると思っているので、何回イッキしてもどうにかなりますが、みんなそんなことはないわけで、、

 

多少は気を遣っているようではありましたが。

 

あくまでも歓迎会と銘打っているのに、盛り上がるのは既存のメンバーだけ。

新入生はわけもわからず、ほっとかれ。

 

飲みすぎて潰れる人は潰れ。

 

反面教師とはこのことだな、とひしひしと感じました。

 

まず年次とか役職とかに応じて態度とか変えるのもつまんないわけわからないですが、

そもそも全員同じ時間をその会に投資しているわけで、それが無駄なものだとかんじたら。もう投資しなくなってしまいますよね。

 

まぁ嫌だと思ったらくんなって話だとも思いますし、自分はそっちよりなので、嫌だと思ったら行きません(笑)

 

あと、それと、嫌だと思われないように振る舞いを意識しようとも思いました。

 

何事も経験で、自分がその場に足を踏み入れないとわからないこともあるので、その点、一度は経験できてよかったと感じています。

 

もうひとつ、めちゃくちゃ思ったこと。

あんな人たちより仕事ができないのが悔しい。

年数が違うので、経験値の差はあるかもしれませんが、死ぬほど悔しいです。はい。

 

1年で追いついてやります。負けたくない。

ある意味モチベーションはあがったので、そこはよかったのかな、と思います。

 

チーム配属にもよりますが、基本仕事内容は興味のある範囲なので、注力できるかなと。

 

と、これからについて色々と考える機会を与えられる時間でした。

 

とりあえず仕事はがむしゃらにやってやります。経験積みます。実現させます。

 

他の同期がどう感じているかは知りませんが、なんかやっぱ自分の考えはマイノリティなんだなってのも実感しました。

単純に価値観の合わない人の周りにいるってだけなのかもしれませんが。

 

そこは価値だと思うので、活かしていきます。

 

日に日に拗らせレベルが高まっている気がしますが、もう後戻りできないので。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

めざましの伊野尾くん、黒髪尊い。大手町牧場にも行ってたらしいし。

 

フジテレビ系列の朝のニュース、めざましテレビ。毎週木曜日は伊野尾くんがレギュラー出演しています。

 

7月12日放送会では、綺麗なか黒髪マッシュでした。

近頃の伊野尾くんは、髪の毛の色割と冒険してました。

ピンクだったり、シルバーだったり、、

どの髪色もとても似合っていましたが、やはり黒髪マッシュが至高だな、と今日感じました。

 

ただただ尊い存在の伊野尾慧。本日も一日頑張れそうです。

 

7時代のニュースでは、東京駅にある大手町牧場の特集にも出るそうです。

7時代のニュースは物理的に見れないんだよなぁ、残念。

 

やはり新社会人、テレビを見る時間が1番削られています。電車で見ることができたら、また多少変わるかと思いますが。

 

とは言ったものの、電車でテレビが見れるようになって、果たしてテレビを選択するのか、怪しい気もします。

 

今回は短いですが、ここまで。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。